11/21のツイートまとめ

gajumui

@biwayunkoro ありがとうございます。僕としては、個人的に大変楽しみになってきました。語ることにおける歴史の真実について、拙い考察はさらに続いています。少し、琵琶からは離れていくのですが・・・ http://t.co/KkgBrdiFJH
11-21 00:07

【語ること】の考察(1):「吾妻鏡」から読み取れる実朝こそ、真実の実朝なのだと、そのように小林秀雄は言っているように思えてならない・・・/「枡形城・落日の舞い」仮想演出ノート(1) http://t.co/KkgBrdiFJH 続く・・・
11-21 00:13

【語ること】の考察(2):権力者の手によって改竄された歴史だけが積み重ねられていく。傍らにある数多くの真実の物語を抹殺しながら。置き去りにされた一篇の美しき物語を…本当か?/妄想演出ノート(2)http://t.co/7sGYPxVcSZ @gajumui ひとつの結論へと続く…
11-21 00:49

今を語ることなどできはしない。語るとは、常に過ぎ去った時を語るしかない。ならば語ることに意味などない。しかし、「ざわめき」が夜と昼に橋を架ける。ミネルヴァの梟が飛び立つ。河原者か道化なのか、何者かが、過去から異界の「モノ」を、黄昏のうちに呼び覚まそうと企てている。
11-21 01:39

どうやら、すっぽんの血が影響しているらしい・・・
11-21 02:00

琵琶法師は平家の怨霊を鎮めるといいながら、その実、人びとの心の中に棲む霊魂に命を吹き込み続けてきた。盲僧は戦いに倒れた者たちを供養するどころか、琵琶を奏でる度にツワモノの怨念を再生産してきたのだ。/古の歴史の真実 http://t.co/HjH8AbH21x @gajumui
11-21 08:43

ある芝居をネタに【語ること】を考えたひとつの帰結。本当はこの先があった。それは人間の自由について。書き言葉と話し言葉、二重母音、そして「方言」… だがその考察報告は、3.11があって途絶えた。それを、今度の「水俣」をキッカケに、再開しようかと思い始めている。 @gajumui
11-21 09:26

間もなく、新百合ヶ丘。
11-21 09:27

尾﨑たまきさんの「みな また よみがえる」、何故か画像のリンクが間違っていたようです。申し訳ありませんでした。再度、これです! @KitamiFilmfes @gajumui http://t.co/EqclcVExGg
11-21 16:04

ザ・スーパー・カムパニイの隈本吉成さんから、方言のアドバイスをもらってきました。@KitamiFilmfes 今週の土曜日、告知記事の決定稿。/喜多見と狛江の映画祭の11月のテーマは水俣!http://t.co/Y3ckXtmQg2 http://t.co/Agnk6RFEm4
11-21 17:40

日比谷、立ち会いたかった。だが俺は今、事務所の個室の中で、隣から聞こえてくる琉舞や三線の連中の笑い声に、暗い気持ちを抑えている。ぬくぬくと、である。俺はしかし、ここのところずっと「水俣」のために奔走してきたではないかと、拳を握りしめてみる。やはり、ぬくぬくと、である。
11-21 19:16

関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する