徹頭徹尾反対なのです

近頃、ツイッターもFacebookも、表も裏も何もかもごちゃごちゃになってきた。
そこで、珍しくここ数日FBに垂れ流した言葉を、ここに転記しておくことにしました。

いずれ仕上げます。

《7月14日》
自分のTLに並ぶ能天気な自分の顔を眺めています。
40年近く物申し続けてきたけれど、このFBのTLでは、そいつは封印すると決めていました。でもねえ…
安倍晋三氏の考え方を支持するか否かはともかくとして、彼の発言が論理的だという方がいらっしゃれば、是非とも会ってお話したいのですが。
強行採決でこの国が死ぬ前に。 

《7月15日》
計算しているんですけどね。僕のFB友達なんですが、東京に比較的近いところにお住まいの方は、およそ500人くらいはいらっしゃると思うのです。どうやらそのうちの少なくとも30人くらいは本日、国会あたりに行っているみたい。つまり僕のFB友達の6%です。これってすごい率ですよね。デモに行かないような人とは「友達」にならないなんて選択は、決してしていないんですよ、むしろ違う考えの方こそと積極的に繋がろうとしているくらいです。それでこの確率だからすごい。
しかし、よく考えてみると、です。
もし僕のFB友達が一般的平均的な方々なら、東京から比較的近いところの総人口が1500万人くらいだとして、本日国会前に、その6%の90万人くらいは集まっていいだろうって計算になる訳ですが、さてどうでしょう、今どのくらいの方が国会周辺にいるのだろうか、きっと6万人もいたら大したもんですよねえ。
ということはつまり、です。
僕のFB友達と同じ傾向の100万人の集団があれば、6万人の方が集まるわけで、ふむ、なるほど、ということはつまり、僕のFB友達の傾向は、僕が思っていた以上に偏った集合なんだってことになる。
すると、僕のなじみ深い100万人の世界のその背後に、全く僕の窺い知らない1400万人の世界、一人も国会前に行かないという傾向の1400万人の集団があるんだと思って、なんだか呆然としているのです。
だってさあ、今日、東京近辺のプロ野球の試合に何人のお客さんが入っているのか知りませんが、やっぱり何万人という数ですよね。僕のFB友達で、本日球場に出掛けて行っている人って、何人いるんだろう。いたとしてもきっと数人ですもん。
僕の計算、なんか間違ってますか?
なにか変ですかねえ。
ああ、こんなくだらないこと考えるてるくらいなら、国会前から帰って来なきゃ良かった、かな…

《そして今日…》
徹頭徹尾反対です。そうなんですがね、その理由も、そこにいたる道程も、そう単純ではない。愛だとか平和だとか、どうもそんな美しい概念とは全く違うものが僕の黒い心の底に沈殿しているのです。
なんというかな、究極のエゴというか。
例えば、「てめえたちが幸せになってくんなきゃ、俺が気持ちよく枕高くして眠れねえんだよ」みたいな。
なんたってへそ曲がりですから。
元来、組織(国家)とその構成員(市民)の間に親和性なんてないと思い込んでいます。たまに利害が一致することがあっても、それは決して組織の側が構成員のことを無条件に慮っての結果ではないと確信しています。
間違いなく個のエゴは全体を壊死させるベクトルを持っている。そのことを絶望的に自覚しながらもエゴを貫く、みたいな。
あえてカテゴライズするなら、アナーキストです。
近頃、「食われる快楽」というようなことを考えています。それこそがこの地球に於ける生物の神秘を解明する唯一の糸口ではないか、なんて、ひとり悦に入って思索していたりするのです。
「人間、たまに熊に食われるくらいがちょうどいい」なんて文章を、どっかで読みました。誰の文章だっけなあ。食われた個は、それで一巻の終わりなんですけどね。
なんだかねえ、我々のためとか、誰々のためとかいうと、たいがい間違うんですよね、経験上。
いやいや、いつまでもダラダラと書き続けそうなので、とっととやめます。すんません。こうなるから、僕、この手の話はなるべく封印してきたのです。なんたって、こんなミョウチクリンですから。
でも、というか、だから、というか、こいつはごく一部の理由ですけれど、徹頭徹尾反対なのです。
関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する