「いのちが生まれる聖地~グチャン女性は語る」+α

第三回 喜多見と狛江の小さな映画祭+α 上映作品11&ライブプログラム2

第二回映画祭プログラムのアンコール企画です。

映画上映は…
「いのちが生まれる聖地」
 ドキュメンタリー(25分/2013年)
 監督:会田民穂

いのちが生まれる聖地
アラスカ北東部に位置する広大な野生生物保護区。ここの北極海沿岸は、カリブー(トナカイ)が子を産み育てる場所。カリブーを糧とし、何千年も生きてきた先住民族グチャンは「いのちが生まれる聖地」と呼び、近寄ることもなく厳重に保護してきた。しかし1986年以来、石油採掘の危機にさらされている。
グチャン民族はこの聖地を永遠に守るため、アメリカ政府を相手に保護活動を行っている。

【会田民穂さんのプロフィール】
1971年東京都生まれ。北海道大学大学院、地球環境科学研究科、博士課程中退。アメリカ留学後、カリフォルニアのゴールデンゲート国立公園内にあるNPOで、環境教育者として活動。その傍ら、2008年から、環境問題やアドベンチャースポーツに取り組む有色人種の女性を取材。彼女たちの視点からみた環境や人権保護のジャーナリズムの世界に入る。2010年からは、映画製作にも励む。初のドキュメンタリー、「いのちが生まれる聖地・グチャン女性は語る」は、2013年のアメリカ先住民映画祭で、最優秀短編ドキュメンタリー賞候補に選ばれた。

プラスαは…
「グチャン物語 ふたりの老女」の朗読公演
出演:高山正樹 + 那瀬ひとみ
那瀬ひとみ

7月4日(土)第三会場(ザ・バールブラザーズ)15:00 Start
 ※会場地図は映画祭総合告知記事をご覧下さい。
  ⇒FBのイベント

料金:1200円(割引チケットあり)
  ⇒チケット予約・購入(CoRich)
電話予約・お問い合せ:M.A.P.(03-3489-2246
関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する