10/20のツイートまとめ

ubukatamichi

シーサー玉城と青年座の嶋田翔平くん! 10/18のツイートまとめ http://t.co/DuhYh8DQ
10-20 23:22

RT @gajumui: 三線には跳ねる曲もある。まあ、跳ねる。例えばプーランクの曲には1/7もあるが、三線のチャッカ、チャッカは1/3が限度か。それも三拍子の一拍目と三拍目といういうより、三連符の一個目と三個目という感じ。それに乗せる歌は、さらにベターっと歌う。出来ない ...
10-20 23:26

RT @gajumui: 三線で跳ねる時、1/3が、つまり2:1が限度かなと思ったきっかけは唐船ドーイ。タンタ・タッタをタンタ・タタタと弾く場合がある。つまり跳ね具合を1/3で感じていないとタッタをタタタとは弾けない。しかし1/3が限度というのはあくまで踊りの地謡の場合。 ...
10-20 23:26

RT @gajumui: 西洋音楽の正しいジャストの音程ではなく、それより少し低い音でと注意される。音程がぶら下がるのは絶対ダメと思ってきた僕としては、こいつは辛い。しかしぶら下がるのとはイメージが違う。「ぶら下がる」は、上まで上がる力がないこと。三線の場合は、上がろうと ...
10-20 23:26

RT @gajumui: 三線があまり跳ねないのも、ベターっと、そして上から押さえつけるように歌うのも、全て踊りと同じ。バレエなど西洋の踊りは天に向かうが、アジアの踊りは腰が入って大地に根ざす、その心なのだと。今日はフラの教室。フラと琉舞の腰は似ている。ずっと僕は、聞こえ ...
10-20 23:26

RT @gajumui: 今日は白石准と「注文の多い料理店」の合わせ。この作品は歌がいっぱい。ここのところ、跳ねるな・ベターっと・音程を押さえつけてと、そんなことを気にしながら歌三線ばかりだったので、白石准作曲のややこしい歌が、どうもうまくいかない。簡単に切り替えられるよ ...
10-20 23:26

RT @gajumui: クラシックの歌で伴奏に遅れて歌い出すことがあるかどうか、そんな話も面白かった。それも含め、今日は山猫合奏団のFMつやま“東京にゃいと倶楽部”の収録。三線とクラシックの比較、野村流と安冨祖流の違いをクラシックの思考で斬る!など。放送は→ http: ...
10-20 23:26

関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する