M.A.P.プロデュースの第一回公演は下関市立美術館

※この記事は、この頃開設した山猫合奏団のブログから転載しました。

“セロ弾きのゴーシュ”(第17回)
2007年11月24日(土)14:00
下関市立美術館 光庭

語り:楠 定憲 ・高山 正樹
チェロ:大島 純
piano:白石 准

記念すべきM.A.P.プロデュースの第一回公演。
山口県下関市の下関美術館で開催された「絵で読む宮沢賢治」、その関連企画として「セロ弾きのゴーシュ」を上演、500人を超えるお客様にお越しいただきました。

下関美術館

入場無料の催しでしたが、2階でお聴きになる場合は「絵で読む宮沢賢治」展の観覧券をお求めいただく必要がありました。
二階のギャラリーで立ち見

大盛況のうちに公演は終了。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
演奏中
関連記事

tag: 山猫合奏団 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する