蘇えったジーファーのこと

この日(Bar土での「幻影」出版記念朗読会の日)
又吉健次郎さんに預けていたジーファーが、すっかり整えられて戻ってきました。

「いいものだから、大事にしなさいよ」

null

銀を撮影するのって、難しいんだよなあ……

ジーファーのアップ
健次郎さん、本当にありがとうございました。

ちなみに「まだ見ぬ金細工師」のことの顛末を話したら、「そうだろう、他にはいないよ」と、健次郎さんはいつものように優しく微笑まれました。

関連記事

tag: 又吉健次郎  「クガニゼーク」のこと  ジーファー  沖縄の旅_2009年12月 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する