「ぼくは写真で世界とつながる」

自閉症のアマチュア写真家が沖縄を旅した!
ぼくは写真で世界とつながる〜米田祐二 22歳〜
ドキュメンタリー(68分/2015年)
PD・撮影・構成・編集:貞末麻哉子

ぼくは世界と

米田祐二さんは会話が得意ではない。人とのコミュニケーションに障がいを持つ。
三歳児検診で「自閉症」と診断された。突然奇声を発し、裸足で近所を走り回る野生児のようだった祐二さんは、養護学校の五年生になった頃、母親の携帯電話に付いていたカメラに興味を持ち、それで写真を撮り始めた。
中学二年になって、祐二さんの視力が悪いということが分かる。その時、母・千鶴子さんは、祐二さんが見えにくいものを写真に撮って確認していたのだと気づく。祐二さんの撮った写真は彼自身の教科書であり、言葉では伝えられない想いを母に伝える手段だったのである。
高校生3年生の時に初めての写真の個展を開く。以来、祐二さんはアマチュア写真家として数々の賞を受賞することになる。

そんな彼が初めて飛行機に乗った。
行き先は、沖縄!


2013年2月、祐二さんは「観光バリアフリーモニターツアー」に参加するチャンスを得た。母の手を離れて、沖縄を旅することになったのだ。理解の範疇を超える挑戦と、大きな不安を乗り越えて、初めて出会う人と、沖縄の海や空・・・。
彼の目を通して見えた沖縄は・・・
そして、苦手だった人との交流はどうなるのか・・・。

日時:2月6日(土)19:00〜
    ※上映後に貞末麻哉子さんのトークがあります。
会場:スペース103(第2会場)
料金:
一般 1,200円
    学生及び75歳以上 500円 ※受付で学生証・保険証等を提示してください。
      前売りチケット1,000円あり
      ※ご予約を頂けば、前売り扱いにて、チケットを受付にお取り置きいたします。
      ※11枚綴り 10,000円(1000円券×11枚)

 ⇒オフィシャルサイトのチケット購入ページ
  ⇒CoRich 直通(PC用)
  ⇒CoRich 直通(携帯用)
 電話でのご予約・お問合せ:03-3489-2246(M.A.P.)

 ⇒総合案内記事へ

祐二くんと実さん
彫刻家、金城実さんのアトリエへおじゃますることになった。
実さんは、祐二さんの写真を、素晴らしい!と絶賛した。


関連記事

tag: 金城実 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する