「極私的エロス・恋歌1974」

ドキュメンタリー(98分/1974年)
監督・撮影:原一男
製作:小林佐智子
音楽:加藤登紀子

トノンレバン国際独立映画祭グランプリ

極私的エロス2 極私的エロス1

「私にとって映画はコミュニケーションの方法」という原が、かつて一緒に暮らし子どもまでをなした女を追って沖縄へ行き、彼女が自力出産を行なうまでを捉えた作品。「極私」の極致へと到達した未踏のドキュメンタリーとして、原一男の名を一躍知らしめた問題作。「生きることの原点を描ききった」「見る者を強烈にとらえてゆさぶり続ける恐ろしい映画」「真実を見ることの衝撃」などの絶賛を浴び、日本列島のいたる所で若者の強烈な支持を集めた。

極私的エロス美由紀の部屋に、ポールという黒人兵が座っている。美由紀はカタコトの英語で話しかけている。ほとんど通じない。男は黙って2人の様子をカメラにおさめている。
「このポールだって、いつまで沖縄にいるかわかりゃしないさ。けど、沖縄にいるあいだが勝負さ。ポールなんてさ、毎日、基地のなかでこき使われて、女だけが楽しみなんだよ。ときどき、私もよ、スケベハウスの女と同じじゃないかと思うな」と美由紀は呟く。
男は、何かコトバにならぬ声を出して、美由紀を詰問しようとする。そのぶんだけ、手にしたカメラがふるえる。
(阿奈井文彦「女ハ女デアル」より)


第三会場(GOTA)
上映日時:1月30日(金)19:00~
総合案内記事へ


料金:1200円(割引チケットあり)
ご予約は…
 ⇒CoRich(PC用)
 ⇒CoRich(携帯用)
またはM.A.P.まで直接お電話にて、お問い合わせもこちら:03-3489-2246

 ⇒第三会場(GOTA)限定のFBイベント
関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する