第3回 沖縄映画祭⑦「七島正月とヒチゲー」+α

第3回 喜多見と狛江で小さな沖縄映画祭+α 上映作品15
「七島正月とヒチゲー」
(ドキュメンタリー 42分/1998年) 制作:民族文化映像研究所
  +えぐさゆうこ・熊坂路得子ライブ

2017年1月28日は旧正月!
近頃の日本のお正月、どうも御先祖様の影が薄い。
というわけで、旧正月に仏様の正月をちょっと考えてみたり…


【七島正月とヒチゲー】
鹿児島県の吐噶喇(トカラ)列島の悪石島で催されるひと月早い正月、先祖の霊を迎え祝福する“七島正月”と神を敬い畏れ慎む“ヒチゲー”を記録。(1988年収録)
旧暦11月から12月にかけておよそ2ヵ月に亘って神を村に迎え、住民一体となって祈り踊る姿は圧巻。


七島正月とヒチゲー

【えぐさゆうこプロフィール】
えぐさゆうこ元南海放送アナウンサー。奄美大島のシマ唄に出会い、尊敬する唄者のもとで修行を積み、歴史や唄掛け、方言などの奥深さを学ぶ。父の生まれ故郷・屋久島での現地調査を江草啓太とともに行い、伝承者が少ない幻の名曲「まつばんだ」を知り、自身が歌うようになる。古謡採取の活動は夕刊フジ、サンデー毎日、南日本新聞等で紹介。「圧倒的な表現」(スポニチ)と評される。2016年に初のソロアルバム「宝歌-takarauta-」をリリース。『RADIO SAKAMOTO』で多重コーラスアレンジの「朝顔」がオンエア。現在はトカラ列島など南西諸島を中心に様々な地域の歌の採取を手がけている。


【熊坂路得子プロフィール】
熊坂路得子(くまさかるつこ)
アコーディオン奏者
6歳よりピアノを始め、18歳でアコーディオンと出会った。美大在学中、学校行事や個展等で演奏を始める。現在ではソロ演奏から、ジャンルを超えて様々なミュージシャン達とのセッションを展開。精力的に演奏活動を続けている。


日時:1月28日(土)14:00~
会場:M.A.P.

 ⇒えぐさゆうこさんが作ったFBのイベントページ

【チケット料金】
 前売り 1,000円(当日1,200円)
 学生及び75歳以上 前売り 500円(当日700円)

  ※受付で学生証・保険証等を提示してください。
  ※ご予約を頂けば、前売り扱いにて、チケットを受付にお取り置きいたします。
 11枚綴り 10,000円(1000円券×11枚)

 ⇒オフィシャルサイトのチケット購入ページ
  ⇒CoRich 直通(PC用)
  ⇒CoRich 直通(携帯用)

電話でのご予約・お問合せ:03-3489-2246(M.A.P.)
 総合案内記事へ
関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する