第3回 沖縄映画祭⑨「人魚に会える日。」

第3回 喜多見と狛江で小さな沖縄映画祭+α 上映作品16
「人魚に会える日。」
(93分/2016年)
監督:仲村颯悟

人魚に会える日。

私たちは無力なんですか?
沖縄の高校生ユメは、生まれた頃から⾝身近にある米軍基地の存在に何の疑問も 感じずに育ってきた。基地の建設で県⺠民の意見が賛成・反対に二分されている ことを知っていても、ユメにとって大きな問題ではなかった。 同級生の結介がある日突然姿を消すまでは...。

美しい海が基地建設によって奪われることをひどく気に病み、突然姿を消して しまった結介。そんな結介を探すべく、ユメは基地建設の計画が進む村を訪れ る。その村では古くから、自然界の神の許しを乞いながら生活していた。

基地はあるべきなのか。
基地にまつわる争いが終わるときは来るのか。
村人の思い、姿を消した結介の思い、神の思い。
ユメは突然突きつけられた沢山の思いを前に、ひとつの答えを見つける。


COCCOと

① 日時:1月29日(日)10:00~
会場:M.A.P.
② 日時:2月4日(土)15:00~
会場:西河原公民館 ホール


【チケット料金】
 前売り 1,000円(当日1,200円)
 学生及び75歳以上 前売り 500円(当日700円)

  ※受付で学生証・保険証等を提示してください。
  ※ご予約を頂けば、前売り扱いにて、チケットを受付にお取り置きいたします。
 11枚綴り 10,000円(1000円券×11枚)
  ※ご家族やお友達と分けてのご使用が可能です。

 ※介助の方と御同伴の場合は、お二人で一人分の料金、またはチケット1枚
  (なおM.A.P.会場は車椅子の対応が出来ていません。お問合せください。)


 ⇒オフィシャルサイトのチケット購入ページ
  ⇒CoRich 直通(PC用)
  ⇒CoRich 直通(携帯用)

電話でのご予約・お問合せ:03-3489-2246(M.A.P.)
 総合案内記事へ



上映用ブルーレイと一緒に、たくさんの宣材用データが届いた。その多さに圧倒された。応援する人たちから寄せられた大量の言葉。しかし、この映画に、こんな饒舌さが必要だろうか、そう僕は思った。あたかも、小説家が沈黙を表現するために、膨大な言葉を必要とするように。
でもさ、これは小説ではない。映画なのである。せっかく送ってもらったデータだけれど、だからほとんど使わないことにした。ただ、せっかくだから、Coccoの言葉だけは載せておこう。(沖縄出身のカミさんがCoccoのファンだから)
(文責:高山正樹)

身に覚えのある戦いだと、
そう想った。
沖縄に生まれた者として
沖縄に恋し焦がれ
そして憎んで、それでも
ありったけの声を上げていた頃。
あれからもう20年が経つというのに
私はその戦いを終らせることができず、
挙げ句、あの頃生まれた子供たちが
まだ同じ問題と戦っているのを
こうして目撃している有様だ。
「これから生まれ来る子供たちが
また同じ戦いの目撃者に
なってしまわないように」
懐かしい涙の味にも似た若い力で
一生懸命に製作された
このファンタジー映画を観ながら
そう願わずには いられなかった。

Cocco

関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する