「きたこま映画祭」の新しい試み

朝まず公民館に今日のイベントのチラシを届け…

市民センター入口 市民センター入口看板
あちこち挨拶し、情報を仕入れ…
そのあと支援センターに相談に行き…
事務所に戻ってその報告メールを送る。

4月24日に行く福島第一原発視察の参加者名簿提出期限が迫ってきた。未定のメンバーすべてにDMを送って確認する作業で、午前中はすっかり潰れた。いつまでたっても片付かない事務所。

4月12日は元ハンセン病患者平沢保治さんの講演会。今までの経緯を共有するために、新しく参加された実行委員の方にメール送信。これがけっこう大変。その後、要約筆記について聞いて来たことをメールで報告。ああ事務方が絶対必要。しかしまずその募集をしなければならないわけ。

その他のことは何も手につかず、イベントに行く時間が近づいてくる。
今日の朝のことが、なんだかもうずっと昔のような気がする。

夜…
会場入口

そういえば3月25日の打ち合わせもしたっけ。あ、思い出した。あの人に連絡しなくちゃいけない。他になんかなかったかな。あれ、澤田哲生氏とやり取りしたのは今日だったっけ? 斉藤哲夫氏と電話で話したのは昨日か? もう頭がゴチャゴチャになってきた。

プログラム展示 写真展示

何はともあれどうにかこうにかイベント準備も間に合って、野球のワールドカップと丸かぶりなのでお客さんはきっと少ないだろうと覚悟していたが…

椅子が足りなくなるウレシイ誤算。
上映開始

上映中、ちょっと地下の階に行ってみた。
知り合いの、平和運動好きな方々が、展示をしていらっしゃるはず。ところが…

なんだもう店じまい?
誰もいないの?
だったらウチの映画を見に来ることもできたのではありませんか? 「なかなか見に行けなくてゴメンね」って、確かさっき言ってなかったっけ? それとも、野球のTV観戦のためにお帰りになったの? プログラムではまだやっていなければいけない時間なのに,,
なんでみんな帰っちゃったの!
…と、イヤミのひとつくらい言いたかったが、イヤミを言う相手がもうそこにいないのだから仕方ない。

一階の入口受付にも誰もしない。
時々若者が入って来るが、それはみんな図書館を利用する学生さんで、「中央公民館のつどい」のチラシなんかには目もくれない。そりゃそうだ、主催関係の人が誰もいないようなイベントに興味を示せという方が無理な注文である。
「オール狛江」とやらの方々、ホントに若い人に何か伝えたいの?

無料上映会

「オキナワノコワイハナシ」アンコール上映。
我々の無料上映会に来てくださったお客様は、我々のイベントを目指してきてくださった方々。涙あり笑いあり。自分で言うのもなんだが、間違いなく上質なイベント。楽しんでいただけたこと、間違いない。もったいねえなあ、来なかったあの人たち。

腹、減った。

あら、Sus4は休み…
Sus4休み

ならば“ばりき屋”へ。遅い晩飯がホルモン? いいの?。 いいさ、今日くらい。
でも断酒は続行。飲み物は水。まずは飲み忘れていた降圧剤。

店内では地元の消防団の方々が打ち上げ中だった。

…と、その中からどこかで見覚えのある御仁が挨拶にいらした。
「高山さんですよね」

そっか、市議の三角氏だ。ポスターでよく見る顔。
市議の方からわざわざ来られるなんざあ、小生も、狛江じゃどうやら悪いことはできないらしい。
記念に自撮りツーショット。
三角氏と

リベラルな、あるいは革新的な「市民」の皆様。このようにして「街」と交流していらっしゃる「好漢」に、今のママのあなた方が選挙で勝つことなど、未来永劫ありはしないだろうと、僕は確信しているのです。

ただ、僕はまた別の道を行くのではあるけれど。
関連記事

tag: 喜多見_フレンチBar.Sus4  喜多見_焼肉.ばりき屋  《地域繋がりの人たち》 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する