ニシカワmeetsフォーク

ニシカワmeetsフォーク

6月24日 SAT.
18:00open 18:30start
¥2,500
@M.A.P.

03-3489-2246 (M.A.P.)
狛江市岩戸北 4-10-7-2F
小田急線喜多見 徒歩5分
  ⇒会場アクセス

ボーカリスト西川郷子とフォーク者イサジ式が、
張り切らない 鍛えない 陽に当たらない 酒は辞めない
を旗印に昨年立ち上げた企画。
イサジ式のフォーク的な曲とは何なのか。
今までフォーク的なものを忌嫌っていたニシカワが、敢えて挑む世界観。
クスリと笑えて、何だかしみじみする、やっぱり大人にお勧めの音楽。

西川郷子とフォーク

西川郷子プロフィール
ボーカリスト。 音楽集団上々颱風に長く参加。同バンドは現在活動休止中。
05年 同バンドと並行して、自らの作詞作曲による楽曲での活動を、ギタリスト小沢あき と共に始める。
13年 パーカッショニスト関根真理を迎え、バンド、星ノ飛ブ夜 として再始動。今現在はこのバンドを中心に活動している。ライブハウスはもちろん、カフェ、ギャラリー、本屋などでのアンプラグドライブにも定評がある。
16年 斧頭会公演 愛よりも青い海 に楽曲提供。自身も出演。

イサジ式プロフィール
17歳の時に聴いた高田渡やCSN&Yに強い衝撃を受け、「オラ、日本のニールヤングになるだ」と、福島県いわき市から上京。
紆余曲折を経ながらも筆とギターだけは手放さず、現在は「時々絵を描き、時々唄い、そして毎日酒を飲む。そういう者に私はなりたい。メートル上げてハードル下げて」などと、タワケたことを言い続けている。
ウクレレを弾くとパイン・オカヤマという偽日系人に変身する。
2015年、CD「いつか来た道」発表。
関連記事

tag: 西川郷子 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する