切断されても、責任は取れませんから…

急きょ明日の6月16日、イベントが入りました。
貸小屋企画です。

映画「美しき緑の星」に隠された秘密を小野寺とおるが語る
主催: 緑のハーモニー調布

美しき緑の星

日時:6月16日(金) 開場18時半 開演19時
会場:M.A.P.

  (小田急線喜多見駅徒歩5分)
  狛江市岩戸北4-10-7-2F 島田歯科の2階
  ⇒会場アクセス
参加費:1,000円

予約・問合せ:小野寺 とおる
 080–4065–7506/govote4onodera@gmail.com

M.A.P.の管理人の呟き…
「美しき緑の星」という映画があります。1999年のフランス映画、公開当時は、ちっともお客さんが入らなかったらしい。フランスでは発禁処分になったとかいう話もありますが、真偽は定かではありません。でもまあ、イエス・キリストは宇宙人だなんて言ったら、確かに欧米じゃあ発禁になるかも。「天皇は大陸人」てなこと言っても、炎上するくらいで済む日本は、まだマシなのかもしれません。

さて、イベントの題名から推測するに、「美しき緑の星」という映画には秘密があって、その秘密について、半分ドイツ人の小野寺とおるという人が解説する催しということなのでしょうか。

聖母マリアに対する信仰とか、フランス革命の矛盾とか。さりげなく原発批判? 冒頭の目とフリーメイソン、そして貨幣…でんでん。

なんでもこの映画を見ると「切断」されてしまうらしい。そんな危険な映画を見るのかな?それとも秘密を説明するだけなのかな?主催者ではないので、M.A.P.は関知しておりません。もし映画が上映された場合は、切断してしまう覚悟をしておいでくださいませ。
そういえばM.A.P.の管理人である高山正樹は、既にこの映画、見たことがあるのですが、いまだ「切断」には至っていないようです。

あ、それから、犬好きがいっぱいいて、犬を飼っている人の多いドイツでは、近頃自宅に入る時は靴を脱ぐそうですが、それは路上にウンコがいっぱい落っこちていて、それをよく踏むからだそうです。
関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する