映画祭最終日の呟き

関係のない夢の話…
フッと眠気が襲ってくる。一瞬気が遠くなる。至極短い時間に昨夜の光景を夢の中で見る。深夜、誰もいないはずのスタジオに明かりが煌々と点いている。●●がひとり鏡に向かい、踊るでもなく、自分の姿を眺めている。いいワケがない、と、思いつつ、俺はしかし、急ぎ事務所に戻るのである。
関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する