FC2ブログ

斉藤哲夫@M.A.P. Vol.4 は、なんと、さこ大介さんが前座です

斉藤哲夫@M.A.P. Vol.4 さこ大介

2年に1回がちょうどいい、と、哲っちゃんは言った
待ち遠しい2年間、やっとその日がやってきた
そしたらなんと、さこ大介さんが前座を買って出てくれたんだ


日時:7月21日(日)16:00 Start
会場:M.A.P.

 狛江市岩戸北4-10-7-2F
 小田急線喜多見駅徒歩5分 島田歯科2階
  ⇒会場アクセス
料金:2,500円
30名限定。お申し込みはお早めに!
お問合せ/ご予約 M.A.P. 03-3489-2246

Facebookのイベント

斉藤哲夫【斉藤哲夫プロフィール】
1950年4月4日生まれ。
東京・大森で大衆食堂を営んでいた両親の一人息子。
19歳にしてステージに立つ。
アマチュア時代から、あがた森魚、野澤享司、鈴木慶一、はちみつぱいらと親交を深め、URCから早川義夫プロデュースの「悩み多きものよ」でデビュー。ファーストアルバムは『君は英雄なんかじゃない』、「悩み多きものよ」、「されど私の人生」など、その文学性の高い歌詞から、若き哲学者、歌う哲学者等の異名でも呼ばれた。
1973年CBSソニー から『バイバイグッドバイサラバイ』、1974年『グッドタイム・ミュージック』、1975年『僕の古い友達』など、70年代中盤よりポップスセンス溢れる名盤を次々と発表。80年代より音楽活動を一時期停止


高橋美香の出版記念イベントで配った仮チラシと、大介さんがいつも作成しているチラシの7月号。
斉藤哲夫4仮チラシ さこ大介7月

斉藤哲夫&さこ大介
関連記事

tag: 斉藤哲夫  さこ大介 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する