fc2ブログ

12/15

宇夫方さんが、ふたつイベントを立てました。
来年1月7日(日)14時半~ 声体文藝館『砂の器』
https://www.facebook.com/events/1009137553513850
来年1月13日(土)19時~ 新春狛江寄席
https://www.facebook.com/events/678181157637671
これからみなさんに「招待」しちゃおうかな。
招待ばかり、ごめんなさいね。
・・・・・・・・・・・・
ひとつ前の投稿👇
https://www.facebook.com/masaki.takayama.9/posts/24610854591894541
そこで追加でアップした、ボクの講演会の画像に、ボクが三線を弾いて、二人の女性が踊ってくださっているモノがありました。もう一枚別の画像もあるので、ここではそれをアップ、その説明をしていなかったので、まずはそれからです。
本当は宇夫方さんも行くはずだった沖縄です。講演会では、その宇夫方さんの踊りを、皆さんとても楽しみにしていらっしゃったらしい。でも残念ながら、彼女は舌癌の手術で行かれず、当然講演会で宇夫方さんの琉球舞踊をご披露することもできなくなりました。
そこでならばと、せめてボクが幕開けに"かぎやで風"でも歌いましょうかね、ということになったのです。
そうすると、誰かが三線を持ってきてくれる、そこが沖縄の沖縄たる所以、東京で、突然三味線を、なんて言っても、まずそう簡単には出て来ないでしょう。
さてそうなるとできれば踊りも、となる。沖縄の人が10人くらい集まれば、必ずその中に"かぎやで風"を踊れる方はいるはず、案の定、ひとりいらっしゃいました。さらにもうおひと方、会場に杖をついてゆっくりゆっくり歩きながらおいでになった方が、なんと一緒に踊ってくださったのです。画像の左の方です。
この裾野の広さ。大和の古典芸能じゃあ、こうはいきません。このおふたりのお陰で、会場はなごみました。おふたりに拍手、感謝でした。
さて、東村の農家さんでのこと、もうひとつ。
このあたりには例のコシダ👇がいっぱいでした。
https://www.facebook.com/masaki.takayama.9/posts/23999721313007875
例のコシダ? なんのこっちゃ? コシダの話、してませんでしたっけねえ。コシダの蔦を使って籠などを編む話、そのコシダが最近見つからないという話。それを探している人がいて、という話。それが、山原にはまだまだたくさんあるらしいという話。
だいぶ端折りましたが、そういう話です。
そしてそのコシダが、まさにここらあたりにはいっぱいあったのです!
前回の旅で300円で買って来たコシダは、すっかり枯れてしまいました。どうやら湿気が足りなかったらしい。その哀れな姿を撮影したのは、9月23日のこと。
そして今夜も撮影してみましたが、さすがに籠をつくる蔦となるシダ、枯れても朽ちてしまうことはないみたい。
これが成長すると、こんな蔦が出来る、これがいっぱいになった山はとても歩きにくいのだと、識名さんに教えてもらいました。
このコシダの話は、まだ続きます。
さて、農家の方たちと、豚たちとお別れして、近くの東村ふれあいヒルギ公園へ。天然のマングローブが間近で見られる公園です。
資料館の今夜のヒメルギ、これも枯れちゃったのかなあ。
さすらいの癌マンの食べたモノ報告。
暑い日で、花城さんがアイスクリームを買ってくれました。
添加物いっぱいだけど、おいしくいただきました。まあ、いいんじゃないの、せっかくだし、たまにはさ。
もうひとつ、ここには東村指定天然記念物、サキシマスオウノキが自生しています。板根という根が特徴で、識名さんの話によると、地面から養分を取り込めない悪条件だと発達するのだとか。
たしか種を拾ってきたはずなのですが、どこへやってしまったのか、見つけたらご報告します。
それから真っ白な花が咲いていました。識名さんから、この花の説明もしてもらったような気がするのですが、忘れちゃった。
そして、もう疲れちゃった。
あーあ、まだまだ終わらない11月16日のこと。続きは明日かな。
追伸。
欠伸をすると、まだまだ舌が痛いので、宇夫方さんは欠伸が出る前に、早く寝ることにしたそうです。
関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する