FC2ブログ

龍谷寺にて

龍谷寺にて
看板

MINGLEです。
MINGLE

これまでのMINGLEはこちら…
 ⇒2月27日
 ⇒3月27日

小田島亨氏。金ぴか…
小田島亨氏 仏像

“印度の虎狩”のKaoさん
Kaoさん


3月27日の記事で紹介した山猫ブログに付けられたコメントの続きに、この日の「虎狩」について高山正樹と白石准がやり取りをしているので、それをここに転載する。

高山正樹のコメント
龍谷寺でMINGLEをあらためて体験しました。
会場の条件などもあるのでしょうが、そうしたことの影響は無かったものとして、僕の耳と脳みその実験結果報告です。
結論からいうと、ISHIMORIで初めて聞いたときの印象を否定するものではありませんでした。しかしです。それは僕の聞きなれている「虎狩」と較べて、不足な部分のみが気になっていたからなのだろうと思ったのでした。
今回は、「不足」は気になりませんでした。むしろ、足されたものを感じることができたのです。一種、東洋的な色も聞こえてきました。そして素敵な別の情景も見えてきました。これらは、チェロだけの聴き慣れた「虎狩」にはなかったものです。
そうしたものが感じられたとき、当初の「不足」の感覚は、問題にすることではなくなってしまいました。
これって、例の子供劇場の試演会での感想にも当てはまることなのかもしれません。
http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-829.html

僕はこのところ、人がいろいろな「作品」や「表現」に感動するシステムについて、ずっと考えているのですが、昨日は、そのひとつのヒントを得たような気がします。

どうぞ今度は東京奏楽舎にも是非お越しください。落語とクラシック、聞き慣れないものに耳を澄ましてみると、もしかすると、思いもかけない音が聞こえてくるかもしれません。ピアノの右手と左手の、当たり前だと思っていた関係を、あらためて疑ってみるような…

来たる11日、東京奏楽舎のコンサート、その前半のテーマは、無伴奏のバッハです。
http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-906.html
2009年4月6日 8時27分

白石准のコメント
>今回は、「不足」は気になりませんでした。むしろ、足されたものを感じることができたのです。

アレンジとか脚色っていうのはここがポイントなんだろうと思います。
オーケストラの音楽をピアノに編曲されるときも、その逆もそれのどっちかの持っているもの全部に固執するとにっちもさっちもいかないことがあると思うのです。

かつて「コラボレーション」という言葉について語り合っていたときに、多くのコラボレーションという形態のイヴェントは相乗効果より相殺されていることが多いと高山氏はおっしゃってましたが、それにも通ずるような気がするけど、オリジナリティなものを再現(脚色でもいいが)するときには、常に、足りなくなるもの、足されたものの目の付け所が、大事になると思うのです。

チェロとのヴァージョンを聴いたことのない人と、チェロとのヴァージョンをたくさん聴いた人でイメージが違うだろうし、もっと前に話を戻せば、この曲のオリジナルは、どちらかというと、Mingle版に近いわけで、、(爆)

そのうち、金管楽器とピアノというアレンジも考えています。
そうなるとまた違うイメージになると思います。
楽しみだな、こういうのも。
2009年4月6日 10時50分



全ての方をご紹介することはできませんが…
柴田紘子さんです。
柴田紘子さん
彼女は、多摩のオーケストラ、「フィルハルモニア多摩」の主席トランペッター。来る5月5日、国分寺のいずみホールにて、フィルハルモニア多摩の第五回定期演奏会があります。
その2番目のプログラム…
「ヨハン・ネーポムク・フランメル:トランペット協奏曲変ホ長調」
オーケストラをバックに、柴田紘子さんのトランペットソロとのことです。
14:00開演(開場は30分前)一般3,000円(学生さんは1,500円なり)
きっと聞き応えありです。
それから、私信のようなものですが…
ほらね、ちょっと怖い?
null

おばちゃん登場です!
おばちゃん
おばちゃん、何か気になるものを着てる!
これ、白石准の世界戦略のようなニセものではありません。
 ⇒http://juninho.blog…世界戦略1
 ⇒http://juninho.blog…世界戦略2


※以下、山猫合奏団のオフィシャルブログより転載。
先日、素敵なTシャツが届きました。「おばちゃん」が手配して下さったのです。感謝なのです。
Tシャツ
さっそく袖を通して、洗濯しました。この写真はシワシワしてますが、新品はもちろんこんなことありません。
生地は厚めで、えーと、専門家の方丈さんが教えてくださったのですが、なんだっけかな、忘れちゃいました。デザインは宇夫方隆士氏。どんぐりと山猫のCDジャケットもこの絵を使います。
さあ、早く作らなきゃ。

というわけで…
このTシャツを1,500で販売します!
もしも欲しい方がいらっしゃいましたならば、M.A.P.までご連絡を。
受付期間は1ヶ月ということでお願いします。

それにしても、爆音たてて車をぶっ飛ばすおばちゃんやら、ファッションに詳しい方丈さんやら、料理人の石材屋さんやら、おかしな連中が集まる寺子屋ですこと。
高山は、今後ここへ来たら、なるべく目立たないようにすることに決めました。

本日は、極めて内輪の話題でお送りしました。まあ、たまにはいいでしょ。
音楽会の画像はおばちゃんのカメラの中、ということで、本日はこれまで。
関連記事

tag: 宇夫方隆士  ドラ  龍谷寺  植村薫  白石准  知り合い  柴田紘子  小田島亨  別ブログへ 

Comment

No:301|
ほんとだ…
なにを怒っているんだか。
No:302|
何事にも媚びない、ドラさんの「男らしさ」が素敵(?)
No:303|
追伸。
白石准が、また世界戦略してる……
http://juninho.blog16.fc2.c...
No:304|
白石准の、新たな世界戦略。
要するにヒマなのかしらん?
http://ameblo.jp/juninho
どんぐりと山猫チェロ入りバージョン、及び木管五重奏バージョン、よろしくお願いいたします。
No:305|
作曲がたち行かなくなって逃避行動でやったのです、、、。(泣)
No:306|
“どんぐりと山猫”ではないけど、“セロ弾きのゴーシュ”の中の“なんとかラプソディ”を7/23にこのお寺の「施食会」というセレモニーの前座のコンサート(13時から40分くらい)のなかで、東京交響楽団の首席イングリッシュ・ホルン奏者の篠崎隆氏によるオーボエ演奏で実現することになりました。
まだお披露目されてませんが、近い将来“どんぐりと山猫”の木管五重奏団(山猫木管五重奏団)のオーボエ奏者としてそっちの方でも力を借りることになっています。
詳しくは僕のブログに追々情報を出します。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する